フォーランドオンラインを徹底解説

フォーランドオンラインFXここでは、フォーランドオンライン(Foreland Online)を紹介していきます。

フォーランドオンライン(Foreland Online)は、手数料無料スワップポイントが業界最高レベルで、当サイト調べでもスワップ金利No.1のFX取引業者です。

手数料が無料で、スワップポイントがかなり高い、信託保全ということで、スワップ金利を狙った長期の投資をする方に最適な業者といえます。

さらに、スプレッドが3銭まで引き下げられたことで短期売買のトレーダーや中上級者の取引にも十分対応できるスペックの業者となりました。

初心者用のコンテンツがありますが、セミナーなどの講座は開催していないので、取引のレベルアップをしたい方はある程度自分で本などで学ぶか、他の業者にも口座開設されることをおススメします。


フォーランドオンライン(Foreland Online)の手数料

手数料 スプレッド
無料 3銭

フォーランドオンライン(Foreland Online)は、手数料が無料。新たにスプレッドが3銭に引き下げられ、業界でも最低水準の取引コストになりました。

※スプレッドは、2008/5/14に確認した米ドル/円のデータです。


フォーランドオンライン(Foreland Online)のスワップ金利

米ドル/円買い 豪ドル/円買い NZドル/円買い 英ポンド/円買い
58円 181円 176円 264円

スワップ金利は、1万通貨単位を持っているときに付くスワップ金利を表しています。

「米ドル円買いが58円」というのは、1万米ドルを円で買って持っている場合に1日あたり58円のスワップ金利が付くということを意味しています。

フォーランドオンライン(Foreland Online)のスワップ金利はかなり高く設定されていて、業界最高レベルです。

※2008/5/14のデータに基づいています。


フォーランドオンライン(Foreland Online)のレバレッジ

レバレッジ最大 追記
約50倍 通貨ごとに定額の証拠金が設定されている方式。

フォーランドオンライン(Foreland Online)は、取引する通貨ごとに定額の証拠金が必要になる方式を採用しています。

例えば、ドル円は1万通貨単位を取引するのに最低で2万5,000円必要になり、レバレッジは約50倍となります。

他の通貨も多少の幅がありますが、50倍周辺となっています。


セミナー

初心者用 中・上級者用 備考
セミナーは開催していません

フォーランドオンライン(Foreland Online)は、初心者用のコンテンツはありますが、セミナーなどは開催していません。

取引の勉強をしたり技術を上げたいという方には、他の業者の口座開設もあわせてすることをおススメします。


扱える通貨ペア

通貨ペア 米ドル/円
ユーロ/円
英ポンド/円
豪ドル/円
NZドル/円
カナダドル/円
スイスフラン/円
南アフリカランド/円
ユーロ/米ドル
英ポンド/米ドル
豪ドル/米ドル
NZドル/米ドル
ドル/カナダドル
米ドル/スイスフラン
ユーロ/英ポンド
英ポンド/スイスフラン
豪ドル/NZドル

フォーランドオンライン(Foreland Online)で取引できる通貨ペアは「17」です。

円と主要な通貨のペア、デイトレード派の人が取引することが多いポンド絡みの通貨ペア、金利が高いことで注目されている南アフリカランドとおさえるべきところがしっかりとおさえられています。

取引できる通貨ペアの数や種類は、満足できるものといえます。


フォーランドオンライン(Foreland Online)の資産保全

資産の保全 カバー金融機関 倒産時の預入金返還
信託保全 SG信託銀行
(ユーロ圏第4位のグループ)
全額は返還されない可能性がある

「信託保全」というのは、外国為替証拠金取引の中でも最善の資産保全方法で、多くの大手業者ではこの形式を採用して、個人投資家の資産を取引業者の資産とは切り離して安全な金融機関に預けて管理しています。


携帯電話での取引

DoCoMo au Soft Bank

携帯電話の取引は、携帯電話会社だけでなく機種によっても対応しているものと対応していないものがあります。携帯電話での取引をするという方は、取引業者に確認することをお薦めします。

比較メニュー
キャンペーンでお得な業者 人気のFX業者ランキング 初心者サポート充実のFX業者 FX取引業者を手数料で比較 FX取引業者をレバレッジで比較  
取引業者別
ヒロセ通商を徹底解説 スター為替を徹底解説(くりっく365含む) マネーパートナーズを徹底解説 ひまわり証券ひまわりFXを徹底解説 外為どっとコムを徹底解説  
当サイトについて
当サイトについて